クレジットカードのリボも借金みたいだなと思います

数年前”もの凄い恥ずかしい経験”をしたのでその事について今回は体験談を書いてみようとおもいます。

その時の私は誠に恥ずかしいながら「リボ払い」というシステムを知りませんでした。
つまり設定された金額を毎月支払うというワケですが、その設定金額より多くクレジットカードを使ってしまうと、翌月翌月へと繰り越されてしまうものですよね。

これを一応理解をしていたのですが、クレジットカードそのもののシステムが初めからリボ払い設定になっていると分からず「あれ、もうちょっとお金使った筈なのに今月の支払いこんだけでいいの?」なんて感じてしまい、この事あまり意識していませんでした。

その結果です。カードが止まりました。

つまり上限金額まで達してしまったという事ですね。これは本当に恥ずかしかったです。
支払いをクレジットカードでと言って渡したて通した瞬間に「ピー」という音。そして、店員さんに「このカード使えないみたいですよ?」なんて言われて焦ってしまいました。
その時は現金で支払って後でカード会社に問い合わせみたところこの事実を知って蒼白になってしまった……なんて、経験です。

2016-10-%e6%9b%b4%e6%96%b04-29

これ、実際に経験すると滅茶苦茶恥ずかしいです!
まだ上限金額設定が20万程度だったのでよかったのですが、これがもし100万上限だったとしたら……なんて想像すると、恐ろしい! としか言いようもありませんね。
結局未だにこの金額をコツコツと返済していますが、手数料などもかかり過払い金が明らかに発生しているのでカードローンでお金を借りたのと本当に変わらないのではないのか? なんて感じてしまいます。
カードローンも契約金額のうちから何度も引き落とす事が出来るというシステムなので、少しだけクレジットカードと似た部分もあるのでは? なんて、感じてしまうものです。

このように、クレジットカードによっては初めからリボ払い設定になっているカードもあるので用心して初めにチェックをしておいた方が良いと言えますね。
私が使っていたカードは楽天カードですが、この楽天カードで同じような事になった人結構多いようなので気をつけた方が良いと言えます。

カードローンって審査が厳しい?

コレってどこのキャッシング関連の情報サイトでも言われている事ですが……”キャッシングと比較してカードローンって審査が厳しい”なんて情報をよく聞くのです。
確かに完全にまとまったお金を借りる事が前提・利子や手数料の安さで言ったらキャッシングよりもカードローンの方が幾分か賢明にお金を借りる事が出来るものですから、だからこそ審査も厳しい? なんて認識を持ってしまうものでしょう。
それにカードローンと言えば、結構銀行が提携して行っているものですからね。
こういった部分もあって手厳しそうな印象を誰もが感じてしまうものでしょう。

ですがこの答えって、確かに上記したような理由も言えるものですが、根本的にはキャッシングにしたってカードローンにしたってまず審査がヌルいなんて事は無い事は覚えておくべきだと感じるものです。
カードローンを提携している銀行にしたって、所謂消費者金融とも呼ばれるキャッシングにしたって”賃金会社”には違いないもの。利子を課してそれを収益にしているのですから「返済なんか出来ません!」なんて方を易々と審査に通すワケがありませんし、安定した収入を毎月得ていないなんて方を通すワケがありません。
そんな事すれば大損してしまうのは”貸す側”ですからね。だからこそ慎重になる・人を選ぶ審査を行うという事も納得出来るでしょう。

なのでこの答えをまとめてしまうと、確かに厳しい・キャッシングと比較したってそこまで変わらないと説く事が出来ます。ですが、確かに審査の水準や敷居的にはカードローンの方がやや高めという認識は間違いないでしょう。

2016-09-%e6%9b%b4%e6%96%b04-29

けれど、最近では専業主婦も借りれる事やアルバイト・パートといった雇用形態でも借りる事が出来る事でカードローンもだいぶ借りやすくなったのでは? なんて、感じる事が出来るものです。少し前までしたら、こんな事ってそうそう考えられなかったものでしょう。まず、賃金会社自体がサラリーマン(正社員)を対象が多かったものですから。
そう考えると、本当に金融関連も年々と進化しているな……なんてしみじみ関心してしまうものですね。

もし主人が死んだら借金に返済義務はあるか?

2016.08.更新4.29
実際に自分の主人が以前50万円の借金を背負ってたからこそ言える事ですが……正直、も主人が亡くなってしまい遺産だけではなく借金が残ってしまったらどうしようなんて不安を覚えた事があります。

未だ30代なので滅多な事が無い限り他界なんてありえないとは思うのですが、返済の義務は妻サイドに回ってくるか? なんて感じてしまったのです。
そんな事を考えると、仕事も増やささなきゃいけない掛け持ちをしなきゃいけない否や水商売に墜ちるべきか? なんて、そんな事まで考えてしまったのです。

ですが、この件について調べてみたところ夫の借金の理由が夫婦間の連帯的な借金ではなく、個人の借金であればこういった心配も無いものとされているようです。
つまり、夫が趣味に自己投資に費やした借金であれば妻には返済義務が発生しないという結論です。ですが、やはり賃金会社サイドは無情にも妻側に返済を求めるなんて事もあるのでこの点には要注意が必要との事。
ですが、先程述べた通りに自分には返済義務が無い事からコレはきっぱりと拒んでも自分には何ら影響が無いです。
またもしそれが夫婦間の生活費などに充てた借金であれば、当然妻サイドにも返済の義務があると見なされるので必ず返済を行わなくてはいけません。
ですが、これが遺産でどうにかなってしまう場合はこれを充ててしまう事も一つの賢明な手段だと言えますね。

ですが、極力こんな事が起こらないで欲しいなとは思いますね。それに主人が死ぬなんて縁起でもありません。最初に述べた通り、私の主人が借金50万円を抱えていましたが、それも数年前に返済を済ませて今は家計を支える為にもバリバリと稼いできてくれます。
仕事も不定休で本当に忙しそうですが、それでも頑張っているのだから帰宅したら温かく迎えたいとは思いますからね。出来る事ならば、もう借金なんてして欲しくないとは感じるものですが、どちらにせよ車を買うにしてもローンは必要となりますしこれだって借金と捉える事だってできますからね。
そういった部分を考えると、100%は無理だとしても極力控えて欲しいと感じるものです。やはりお金の事に随時悩んで生きてく事ってツライ事ですからね。

借金を早く返済する為に出来る事

借金って作ってしまうと、気分的に鬱屈としてしまうものには違い無いでしょう。
返済計画をしっかり立てた上で借りたとしても、考える事と言えば、やはり返済の事ばかり……しっかり返済出来るとしても『さっさと完済させて楽になりたい』と、誰もが思う事には違いありません。

そんな、鬱屈とした借金。どうすれば、早い事完済出来るか? この点を考えた事ってありますか? 早く完済出来るのであれば、それだけ心にもゆとりが生まれるものですからね。そこで重要な点をひとつだけ紹介しましょう。
その要点とは……返済額を増やす事。
さも当たり前の事ですが、これが何よりも有効で、他の出費を切り詰めて兎に角返済額を増やす事によって借金もスピーディーに終わらせる事が出来るとそんな事をとある巨大掲示板のまとめサイトで見かけました。
実際に100万円以上の借金をカードローンで作ってしまった方が、月2万の返済を5万・10万と増やした事によって、早く終わらせる事が出来て完済した! なんて喜びを言っていたのです。相当な努力と工夫が必要となる……と、考える事は容易いものですが、これが最も有効な手段だと言えます。

しかし、収入が一定過ぎてコレが厳しいという場合、中には仕事を掛け持ちして収入を増やし返済額を増やしたという例もあります。
特にサラリーマンの方などですと、あまり現実的では無い手段には違い無いものですが、パートやアルバイトという雇用形態であれば、割とコレは叶える事が出来るのではないのか? と、考える事が出来ますね。

──しかし、そもそも論を言ってしまうのであれば、ここまでの苦労をしてしまうのであれば、初めっから消費者金融やカードローン等の賃金業者に頼るのって良くないのでは? なんて、感じてしまう部分もあるものですよね。
ですが、現金が必用なシーンに限って無一文! なんて事……社会人になれば割とあるものではないでしょうか? そういう為にもやはり金融関連の事は知識の一つとして知っておくべきではないのか? なんて、感じてしまいますね。