親戚の叔父さんに200万円を借りましたが背中に十字架を背負った気分でした。

会社員をしていたのですが自営業を始めてみたいと思うようになり、

退職をしてお店を持つ事になりました。

お店は小さいですが居酒屋を営む事になり、

他店で修行をした後に念願のお店を開店する事になったのです。

開店当初は周りのクチコミのおかげでたくさんお客さんに来ていただき、

人並み以上の生活が出来ている状態だったのですが、

徐々に経営が苦しくなり毎日の悩みの種だったのです。

お客様は以前に比べて多少は減りましたが、

それでもカウンター席は埋まる状態ですので良い方だと思います。

ですが、従業員への給料の問題がありますので、

全てが設けになる訳ではなく差し引いた金額が実際の収入になるのです。

売り上げよりも人件費の方が高くなることが多く、

徐々に赤字になって行きましたが、

貯金を崩しながら給料だけは払い続けていました。

それも厳しくなって行き銀行からお金を融資してもらおうと考えましたが、

子供の時からお世話になっている親戚の叔父さんの耳に入り、

苦しいならお金を貸すと手を差し伸べてくれたのです。

もちろん迷惑を掛ける訳には行きませんので断りましたが、

最終的にはお言葉に甘えて貸し手頂く事にしました。

人生で始めてお金を貸して頂く事になり責任の重さを感じ、

金額は200万で大金でしたが気分的には500万に感じました。

1年後に耳を揃えて返すと約束をしましたが、

実際には上手く行かず、毎日どうやって返そうか迷っていました。

食費を切り詰め、昼はパン一つにしたり、

ジュースの変わりに水を飲むようにしましたし、

外に遊びに行く事も控えてやっと200万を返すことが出来ました。

返すまでに2年掛かりましたが、もし返せなかった事を想像して辛かったですし、

信頼をして貸してくれた叔父さんを裏切る事もできず、

日々追い詰められた日を過ごしプレッシャーの毎日でした。