忘れ物にご用心ください。

我々が普段生活している中で、誰もが急にお金が必要になる時があるかと思います。ですが必要になる金額は色々ですよね。その時どのような理由でどこからどうやって借りるかは、目の前にある欲と身の回りの状況によることでしょう。私自身、基本的にはお金は借りない方がいいと考えておりますが、どうしようもない時もありました。

忘年会シーズンも過ぎ、これから新年会も始まりますが、アルコールが提供される会合が増える時期です。飲酒が嫌いではない私としましても、財布の中身が気になるところですが飲む機会が増えるのはやぶさかではありません。

そんな中です。
昨日も忘年会、本日は少し休みたい気分ですが予定ですから今日も忘年会に出かけていきます。結局のところ何かと飲む理由が欲しいだけのようですが、とにかく電車を乗り継ぎ会場に到着しましたら会計は後だそうで、あいさつ、乾杯と会は粛々と進行し、いつの間にか楽しい時間が繰り広げられていきました。宴もたけなわ、当然のことですがお会計となったわけでございます。会費は五千円でした。濃い時間を過ごしてのこの会費はうれしいものです。財布を探ります。ありません。財布を忘れました。小銭入れだけ持って出かけてしまったのです。カード類も持っていませんでした。

実はまだ、不安があります。二次会参加に手をあげました。そして仕方がなく事情を幹事の友人に説明してひとまず一万円を借りて事なきを得たことがあります。ですが後のことをお話ししますと最終的に一万円では足りず、更に一万円借りました。まだ先はあるようでしたが、そこまでしか覚えていませんのでこれくらいでご勘弁ください。