節約なんかしたくないよー

私は専業主婦をしています。毎月旦那さんにおこづかいを渡しています。

私の生活費の半分なので十分過ぎる金額だと思うのですが、いつも足りなくなってあと少しで給料日というときに催促されるのがいらっとします。

私は少しでも節約になるようにスーパーの5%オフの日やドラッグストアのポイントデーを使って買い物をしています。

そこで余ったお金で自分の欲しいものを買うようにしているので自分の欲しいものは数千円しか毎月使えません。

旦那さんはタバコは吸うし、買い物は高いコンビニばかり。

コンビニ

飲み会になると一万円くらい一回に使っています。

しかも、飲み会行ってるのに帰ったら普通にごはんを食べます。

仕事をしてもらっているのでえらそうには言えないけどくそーと思ってしまいます。

お金を催促されるとやっぱり顔に嫌悪感が出てしまって旦那さんはそれが嫌みたいですがしょうがないと思います。

妻はお金を管理しなくちゃいけないし、貯金もしなくちゃいけないし、でもケチケチし過ぎる生活もしんどくなるし、家もきれいに保たなきゃいけないし、家族の健康も担っているし、子供の成長もいつも見ているし本当に妻も大変なんです。

もっと欲しいものも買いたいし、節約ばっかり考えたくなんだよー。

主婦にも毎月給料が欲しいよー。

お金を借りたいけど借りれない専業主婦向けサイト

借金は相手を選んで借りるのが大前提

0e7ce46af2920ad048c196e55afdcb07_s

独身男性です。年齢は54歳です。

これまで大きな借金をすることなく生きてこれましたが、はたしてこれからは。ということは別にしておいて、確かに借金をした経験は何度かあります。
誰でもそうでしょうが、借金というものは気持ちの良いことではありません。それでもどうして必要に迫られて急にお金が必要になることは現実生活にいては日常茶飯事です。

私の人生最初の借金の相手は両親でした。
大学進学という人生の節目でしたが、貧乏な我が家ではそれを負担して貰うことは大変だったので、アルバイトをして毎月定額を支払うということにしたのです。
ですが人生というものは本当に計算通りにはいかないものです。
慣れないアルバイト生活で体調を崩し、大学入学までの期間に蓄えられた金額は通学定期だけに終わりました。最初から蹉跌してしまったのです。

借金の相手が家族だからまだ良かった。
私の学生時代には戦後何回目かのサラリーマンの借金問題が取りざたされて、家庭崩壊に繋がった話を山ほど聞かされていましたから。
借金返済という形ではなく生活費を入れることで私の借金問題は一応解決しました。両親には感謝しています。あれが他人、なかんずく金融機関であったなら、金利の支払いだけでも四苦八苦していたに違いないのです。

借金できる相手があってまだ幸福でした。それも家族だったということは本当に恵まれていたことだったのです。

それからも何度か小さな額を他人を含めて借りたことはあります。
まず最優先してそれを返済する習慣を身に漬けることができたから今日があるのだと自分に言きかせているのです。

甘いという人も居られるでしょうが、身の丈に合った生活をして来られたという幸運を含めての幸福だと思っています。

恩を仇で返された

私は地元の友達4人と仲良くしていました。そのうちの一人Aちゃんは高校を中退していたのですが、18歳の時に定時でもう一度高校に通うことになりました。

私は高校を卒業してすぐに就職しました。
私が勤めていた会社とAちゃんの通っていた学校は近くにあり、会社が終わる時間になると電話がきて、度々交通費がないから貸してと言われて何度も貸していましたが一度も返してもらえませんでした。

他にも4人でファミレスでご飯を食べに行って、いつも閉店間際までいるのですが、お会計をするときになって「お金ないんだ」と言って代わりに払っていました。

みんなで二泊三日で旅行に行ったときも、出発するときになってお金がないと言って代わりに払いました。

携帯代が払えないからお金を貸してほしいと言われて貸したのですが、後日他の友達に話したら「それ、携帯代じゃなくて家の光熱費払ってたよ」と言われたときは、本当に驚きました。

そういうのが、積み重なり合計で10万円貸していました。

私が結婚するときになり、結婚指輪を買うからお金を返してほしいと言ったのですが全く連絡が取れなくなり音信不通に。

他の友達にも聞いたところ音信不通とのこと。

貸したお金は一円も返ってきてないです。

友達だから貸したのに、音信不通になって、逃げられました。

忘れ物にご用心ください。

我々が普段生活している中で、誰もが急にお金が必要になる時があるかと思います。ですが必要になる金額は色々ですよね。その時どのような理由でどこからどうやって借りるかは、目の前にある欲と身の回りの状況によることでしょう。私自身、基本的にはお金は借りない方がいいと考えておりますが、どうしようもない時もありました。

忘年会シーズンも過ぎ、これから新年会も始まりますが、アルコールが提供される会合が増える時期です。飲酒が嫌いではない私としましても、財布の中身が気になるところですが飲む機会が増えるのはやぶさかではありません。

そんな中です。
昨日も忘年会、本日は少し休みたい気分ですが予定ですから今日も忘年会に出かけていきます。結局のところ何かと飲む理由が欲しいだけのようですが、とにかく電車を乗り継ぎ会場に到着しましたら会計は後だそうで、あいさつ、乾杯と会は粛々と進行し、いつの間にか楽しい時間が繰り広げられていきました。宴もたけなわ、当然のことですがお会計となったわけでございます。会費は五千円でした。濃い時間を過ごしてのこの会費はうれしいものです。財布を探ります。ありません。財布を忘れました。小銭入れだけ持って出かけてしまったのです。カード類も持っていませんでした。

実はまだ、不安があります。二次会参加に手をあげました。そして仕方がなく事情を幹事の友人に説明してひとまず一万円を借りて事なきを得たことがあります。ですが後のことをお話ししますと最終的に一万円では足りず、更に一万円借りました。まだ先はあるようでしたが、そこまでしか覚えていませんのでこれくらいでご勘弁ください。

旅行先で大好きなT-シャツを見つけてしまった

faac111b620f23ab386cf7fb721dad53_s
旅行はめったにしないのですが、仲の良い友人から誘われた時だけは行きます。
数年前に、初めての沖縄旅行へ行った時の話です。

旅行にほとんど行かないですから飛行機に乗るのも久しぶりで、もしかしたらこれが最後の飛行機かもしれないなと思うぐらいです。
沖縄旅行では、有名な観光地に寄ったり沖縄料理を堪能したりして、それなりに楽しかったです。

珍しく楽しい旅行だったので、旅行の為に準備していた予算を越えていたぐらいです。那覇では銀行でお金を数万円引き出したくらいです。
名護の方へ出かけた時に、たまたまあるショップに入ったのです。

すると、私がどうしても欲しかったT-シャツがなぜか売っているのです。
地元の洋服店を探しても見つからない、ネットで探しても見つからなかったT-シャツが沖縄の少し田舎の街に売っているのです。
どうしても欲しかったのですが近くに銀行がなく、クレジットカードが使用できないショップだったので現金でしか購入不可能です。

普段は友人にお金を借りるタイプではないのですが、この時ばかりは、友人に懇願して2万円を借りたのです。
欲しいT-シャツは一着5000円だったのですが、次に同じT-シャツを買える保証もなく、わざわざ沖縄まで買いにくることもないですから色違いも合せて四着を購入したのです。

この時ばかりは、友人がいて良かったと思ったのです。独り旅なら購入できないところです。

ゲームの課金で私は170万貸しました

オンラインゲームで仲良くなった友達に、多額のお金を貸してしまいました。

最初はかわいい程度の課金額で、3万くらいでした。

貸した理由として、課金用のカードをコンビニに買いに行くのが難しい夜中の時間帯なので、かしてくれない?という理由でお互いに貸し借りをしていたことが始まりでした。

この前課金してあげたから、次は私が課金できないときに借りるのど。お互い貸し借りが均等にできていて、なんの疑問を持たないまま、貸し借りの関係を続けていました。

ある時から、借りようと思っても何らかの理由をつけて断られるようになり、私だけが課金をしてあげることになり、その額が少しずつ増えていってしまいました。

でも、毎月きちんと返済があり、なぜか顔も見たこともない相手を信用していたのです。

しかし、半年が過ぎたあたりから、返済する期限が徐々に伸びてきました。ルーズな性格なのかな、と思って、約束の期限が過ぎても待っていました。

今思えば、なんで怪しまなかったのか、あの時は私も課金のし過ぎで金銭感覚がくるっていたのかもしれません。

返してもらえない金額がどんどん増えてゆいき、気が付けば170万ほどに膨れ上がっていました。
さすがに泣き寝入りできる額ではなかったので、あの手この手で自宅まで探し出して、借りたお金を返してくれるよう頼みにいき、どうにか返してもらうことができましたが、よくよく考えたら本当にバカだったなと反省です。
返してもらえただけ奇跡かもしれません。

どんどん膨らむ借金

私は41歳の男性、会社員です。

お金はローン会社から借りました。

借金の原因はパチスロです。

最初はちょっとだけ借りて、パチスロで返すつもりでしたが、どんどん負けが重なっていって、

借金額も指数倍数的に膨らんでいきました。

借金を最大だった時期は3年前でした。

そのときは、パチスロが非常にハイリスク・ハイリターンの時期でした。

ちょっと、知識を得れば儲かる・・・といった状況です。

天井という、回転数の上限になれば当たりとなり、うまくいけばかなり儲かることが

出来ました。そのときは、それほど借金をすることなく、トントンでいけました。

しかし、パチスロにギャンブル性が高いということで、業界内で規制が入り、勝ちづらい時期に

なりました。借りては負けの繰り返しで、ドンドン借金が膨らんでいきました。

いずれは勝てる、いつかは返せるという変な思いになっていき、今冷静に分析するとおかしい状況だったと思います。

最終的に600万まで借金が膨らみ、どうしようもなくなったので、家内に相談してパチスロから完全に足を洗うことを条件に家内が借金を清算してくれました。非常に情けない気持ちでいっぱいです。

今はパチスロはやめて、Tポイントなどをためて小遣いにしています。

親戚の叔父さんに200万円を借りましたが背中に十字架を背負った気分でした。

会社員をしていたのですが自営業を始めてみたいと思うようになり、

退職をしてお店を持つ事になりました。

お店は小さいですが居酒屋を営む事になり、

他店で修行をした後に念願のお店を開店する事になったのです。

開店当初は周りのクチコミのおかげでたくさんお客さんに来ていただき、

人並み以上の生活が出来ている状態だったのですが、

徐々に経営が苦しくなり毎日の悩みの種だったのです。

お客様は以前に比べて多少は減りましたが、

それでもカウンター席は埋まる状態ですので良い方だと思います。

ですが、従業員への給料の問題がありますので、

全てが設けになる訳ではなく差し引いた金額が実際の収入になるのです。

売り上げよりも人件費の方が高くなることが多く、

徐々に赤字になって行きましたが、

貯金を崩しながら給料だけは払い続けていました。

それも厳しくなって行き銀行からお金を融資してもらおうと考えましたが、

子供の時からお世話になっている親戚の叔父さんの耳に入り、

苦しいならお金を貸すと手を差し伸べてくれたのです。

もちろん迷惑を掛ける訳には行きませんので断りましたが、

最終的にはお言葉に甘えて貸し手頂く事にしました。

人生で始めてお金を貸して頂く事になり責任の重さを感じ、

金額は200万で大金でしたが気分的には500万に感じました。

1年後に耳を揃えて返すと約束をしましたが、

実際には上手く行かず、毎日どうやって返そうか迷っていました。

食費を切り詰め、昼はパン一つにしたり、

ジュースの変わりに水を飲むようにしましたし、

外に遊びに行く事も控えてやっと200万を返すことが出来ました。

返すまでに2年掛かりましたが、もし返せなかった事を想像して辛かったですし、

信頼をして貸してくれた叔父さんを裏切る事もできず、

日々追い詰められた日を過ごしプレッシャーの毎日でした。

カードローンって過払い金が発生しやすい。コレどうして?

キャッシングよりもカードローンの方が過払い金が発生しやすい。
こういった話しって聞いた事がありませんか?
カードローンと言えば、キャッシングと比較して借り入れ出来る金額が多い事から、現金で纏まったお金が必要という時こそ役立つものですが、この部分に大きな落とし穴があると考える事が出来るのです。

2016-12-%e6%9b%b4%e6%96%b03-29

つまり大金を借りるとなれば、即返済は難しいものですよね?
それにカードローンのシステムと言えば、クレジットカードのリボ払いに少し似ていて月額○万円返済と自分で決める事が出来るので、その金額分の返済となります。
すなわち、返済をする期間が長ければ長い程に過払い金が発生してしまうのです。
確かに、利息はキャッシングに比べて比較的安価に感じるものですが、この点を考えると使い方を間違えれば完全な泥沼を見るのでは? 借金返済苦に陥るのでは? と、安易に想像がついてしまうものです。

しかし、纏まった大金が借りれる、利息が比較的安い事がメリットのカードローンですが意外にも借りやすい場所があるとのこと。

借りやすい銀行カードローンの情報

実際に私の身の回りには「カードローンで借金した事があります」とカミングアウトした友人がいましたが、やはり返済がなかなか終わらずに大変だったなんて事を嘆いていました。総額は40万程。やや家庭の環境が複雑な方なので、さすがに何に使ったのか? まで聞くのは下世話だったので聞き出す事はしませんでしたが、手数料がかかり、なかなか返済が終わらずに水商売に手を出してそこで稼いで一気に返済したなんて事を言っていました。
月額返済額を引き上げれば、確かに返済の速度もあがりますし、余計なお金を払わずに済みますからね。水商売という点は置いておいて、確かに賢明な手段だったとは言えるでしょう。

週4で仕事をして、仕事が休みの日には水商売。
休む暇も無くて大変だったなんて事を言っていましたが、借金の影響で水商売に落ちたテンプレのようで少しいたたまれない気持ちにさえ陥ってしまいました。
「頼まれたってもう借金はしない!」と彼女はキッパリと断言していたので、誰か人に頼まれてだったのだと推測する事は出来ます。ですがやはりお金の事情は非常にデリケートな問題なのでこの点って詳しくは聞けないですね。
ですが、意思が強いからこそ彼女はもう借金をする事は無いだろうなんて、感じられるからこそ安心です。
こういった話を聞くと、借金って返済が本当に大変なんだなとしみじみと感じてしまいますね。

クレジットカード審査に通らないそんな人の特徴

前記事でも「クレカで滅茶苦茶恥ずかしい経験をした!」なんて事を語った私ですが…実はクレジットカードでもっと恥ずかしい経験をされている方も世の中にはいるそうで

「作れない(審査落ちした)」なんて事も。

「え? クレジットカードも作れないなんて流石にヤバくない?」「マジでそんな人いるの?」なんて、感じてしまう問題ですが、これがマジで居るんですよ。

オリコカードの審査に落ちた時の対処法

審査は普通すぐに発行してくれる…なんて噂もある(※あくまで噂です)のオリコカードでも審査落ちしてしまったなんて方も世の中には居る程。
けれど、どうして審査に落ちてしまうのか? 少し気になるものですよね。
理由がハッキリあるならば、知りたいと誰もが思う事でしょう。

─そんな理由ですが、実は何点かあるものです。
まず過去に借金を踏み倒した経験がある。そういった方って向こう5年~7年(※あくまで平均です)ブラックリストにも掲載されているので、発行できません。
また、現在借金をしている返済中という方も総量規制の関係もあってこの影響でカードが作れないなんて場合もあるとのこと。総量規制とは、年収3分の1までの金額しか借り入れする事が出来ない国で定められた法ですが、借金がこれに達している場合、或いは別のクレジットカードがこの金額に満たしてしまったなんて場合は新しいクレジットカードの審査に通らない…なんて事もあるものです。
また、コレは派遣社員や自営業の方の”あるある”ですが、月毎に収入に差がありすぎるという人も「借りた分の返済を出来るか不安」とカード会社側も不審を感じてしまい、審査から振るい落とす事もある模様。
そう考えると、クレジットカードの審査ってどことなく賃金会社の審査の最低基準に似通っているなぁ…なんて、感じるものですよね。

2016-11-%e6%9b%b4%e6%96%b03-29

前半の理由では他の会社でもカード制作は難しいと断言出来ますが、後半の場合でしたら他のカード会社を探してみるのもありますね。やはり銀行系・信販系はやや厳しめとの評価を聞くものです。なので小売系など少しまた違った分野で探してみる事も賢明な手段では? と、感じます。