ゲームの課金で私は170万貸しました

オンラインゲームで仲良くなった友達に、多額のお金を貸してしまいました。

最初はかわいい程度の課金額で、3万くらいでした。

貸した理由として、課金用のカードをコンビニに買いに行くのが難しい夜中の時間帯なので、かしてくれない?という理由でお互いに貸し借りをしていたことが始まりでした。

この前課金してあげたから、次は私が課金できないときに借りるのど。お互い貸し借りが均等にできていて、なんの疑問を持たないまま、貸し借りの関係を続けていました。

ある時から、借りようと思っても何らかの理由をつけて断られるようになり、私だけが課金をしてあげることになり、その額が少しずつ増えていってしまいました。

でも、毎月きちんと返済があり、なぜか顔も見たこともない相手を信用していたのです。

しかし、半年が過ぎたあたりから、返済する期限が徐々に伸びてきました。ルーズな性格なのかな、と思って、約束の期限が過ぎても待っていました。

今思えば、なんで怪しまなかったのか、あの時は私も課金のし過ぎで金銭感覚がくるっていたのかもしれません。

返してもらえない金額がどんどん増えてゆいき、気が付けば170万ほどに膨れ上がっていました。
さすがに泣き寝入りできる額ではなかったので、あの手この手で自宅まで探し出して、借りたお金を返してくれるよう頼みにいき、どうにか返してもらうことができましたが、よくよく考えたら本当にバカだったなと反省です。
返してもらえただけ奇跡かもしれません。